薬剤師になるためには? どんな資格が必要なの?

薬剤師になるために必要な資格とは?

薬剤師に必要な資格、それは国家資格です。薬は間違った飲み方をしてしまうと身体に大きな影響が出る場合もあります。そのため、民間資格だけで薬剤師の許可を出すには危険すぎるからです。薬剤師は6年課程を修了した後に、国家試験受験資格を得られるので、想像以上に難関です。

国家試験内容については、人によって感想はさまざまです。難しかったという人もいれば、思ったより簡単だったという人もいます。試験内容は毎年変わるので、難しい時もあれば比較的答えやすかったという時もあるのでしょう。ただ、学んだ以上のことは出題されないので復習をしっかりすることで試験対策になるのではないでしょうか。

薬剤師の資格は今後も変わりませんが、求められる内容は以前と比べると変わってきています。それは専門性の高さです。現時点でも専門性の高い知識が必要とされていますが、今後は医師の業務をカバーできる薬剤師に求められるようになる可能性が高いようです。その理由として、4年制から6年制に変更になったことも考えられます。2年という時間は決して短くありません。その中で、今までと同じ知識を持つ薬剤師が出てくるのではなく、専門性の高さを重視しているからと考えた方が自然ではないでしょうか。