薬剤師になるためには? どんな資格が必要なの?

薬剤師になるための最低条件とは?

薬剤師になるためには、さまざまな条件をクリアしなければいけません。その理由として、国家資格を取得した人のみがなれる職業だからです。薬剤師になるためには、薬科大学の6年課程で必要な知識を蓄えなければいけません。調剤薬局やドラッグストアなどで薬剤師を見かけますが、並々ならぬ努力の結果だということを覚えておきましょう。

薬剤師の需要がどれだけかと言うと、実際は供給過多の状況です。他の先進国と比較しても、日本は薬剤師の数が多いので将来的には余ってしまうのではないかと考えている人もいます。しかし、薬剤師の資格は生涯役に立つものであり、女性の場合は産休明けなどですぐに職場復帰できる資格でもあります。そのため、手に職をつける意味で薬剤師を目指す人も少なからずいるようです。資格さえ取得しておけば、薬に関係する場所で働くところが見つけやすいと言われているからです。

しかし、薬科大学の場合は6年課程を終了しないといけない点を考えると、取得しても供給過多であれば就職に困るのではないかと考える人もいるでしょう。ですが、薬剤師の就職先は調剤薬局やドラッグストアだけではなく、病院や製薬会社などさまざまです。特に製薬会社の場合は優秀な人材は会社自ら引き抜きにかかる場合もあるので、必ずしも余ってしまうわけではないと言えます。

ですが、待遇の良い場所は競争率が激しいので薬剤師の資格を取得しても、なかなか思ったような就職先に出会えない人も少なくありません。


★ 薬剤師の仕事を見つけるための参考リンク ★
薬剤師の求人を少しでも多く見つけたい場合は、こちらの求人サイトを利用してみてはいかがでしょうか?薬剤師に特化しているので、あまり公開されない貴重な求人情報を見つけることができるでしょう